ガッテンしょうち!お役立ち情報館

スポンサードリンク
ラインアカウント 引き継ぎ方法 やり方

LINEアカウントの新しい引き継ぎ方法は、旧端末側でのアカウント引き継ぎの設定が必要になります。

古いスマホ側

「設定」→「アカウント引き継ぎ設定」→アカウントを引き継ぐをON

なお、設定後24時間以内に引き継ぎを行う必要があります。

24時間を超えた場合は、再度許可設定を行ってください。

新しいスマホ側

「ログイン」→「メールアドレス/パスワード」入力し「確認」

SMSで受信した4桁の認証番号を入力「次へ」で完了

これだけで引き継ぎが完了です。

<引き継がれる情報>
• 友だちリスト(グループを含む)
• [ノート]、[アルバム]に投稿した内容
• 自分のプロフィール情報
• ホーム/タイムラインの内容
• 購入したスタンプ/着せかえ情報
• 課金アイテムの購入履歴やコイン残高
• 連動アプリ(LINE ゲーム⋅LINE PLAYなど)の登録に関するデータ

※購入したスタンプは、「スタンプ管理>マイスタンプ」から再度ダウンロードが必要です。購入料金は発生しません。

※一部引き継ぎができない場合がありますので、詳細はLINEゲームまたはLINE PLAYへお問い合わせください

<引き継がれない情報>
• 過去のトーク内容
(※トークごとに保存する方法は次を参照)
• トーク背景
• 通知音の設定
• 異なるOSでのコイン残高
(AndroidからAndroidなど、同じOS間の場合は引き継ぎ可能
 
スポンサードリンク
 

 

機種変更時にLINEトーク履歴を引き継ぎについて

スマホを機種変更しても、アカウントの設定をしておけば、友だち一覧や、スタンプなどの情報は引き継げます。

しかし、友だちとのトーク履歴は自動では引き継がれません。

トーク履歴は終わった事なので必要ない人もいるでしょうが、せっかくなら全部引き継ぎたいと思う人も多いようです。

Androidでは、手動操作でトーク履歴を引き継げますが、iPhoneの場合では手動でも引き継ぎことはできないようです。

iPhone同士の機種変更では、iCloudによるトーク履歴のバックアップ・復元が可能になりました。

もっと確実なのは、PCによるiTunesでバックアップを取ってから新機種へそのまま移行する方法がベストだと思います。

私は、いつもその方法で失敗がありません。
 

iPhoneでLINEトーク履歴をバックアップして引き継ぐ方法

iPhoneに入っているLINEデータの引き継ぎは、LINEアカウント情報(メールアドレス+パスワード)の入力によって、友だちリストなどを自動的に引き継ぐことができるようになっています

しかし、この作業だけではトーク履歴を引き継ぐことができません。

トーク履歴をそのまま引き継ぐためには『トーク履歴のバックアップ→復元』という作業が必要になります。
 

LINEトーク履歴のバックアップ保存する方法

・iPhoneをパソコンに接続し、iTunesにバックアップデータを保存する。
・iCloudにバックアップデータを保存する。
・LINE内ストレージ『Keep』や『トーク』に必要なやり取りや画像のみを保存する。

手軽でベストな方法はiCloud保存がおすすめ!

最もカンタンでiPhone一つでできるのが『iCloudにバックアップデータを保存する』方法です。

LINEアプリ内からトークデータ(画像やスタンプも含む)を一括で保存し、新端末LINEから一括で復元できるのでPCもいりません。

誰でもカンタンにトークデータを移行することができます。

しかし、多くの場合iCloudの空き容量不足だったり、通信速度の問題でうまくバックアップができない場合がほとんどのようです。

私は、いつもPCでバックアップをとってから移行するので失敗はありません。

私、失敗しないので!家族全員分やっています。
 

ラインの引継ぎに失敗、どうしても引き継ぎができない場合

・一通り試して無理ならカスタマーセンターに問い合わせた方が早い。

・正しいアドレスやパスワードを入力してもエラーになる時は、その情報が間違っているのでなくシステムになんらかの問題がある

・他端末ログインをONにしていればiPhoneでLINEにログインできない間もトークが可能(乗っ取りとか怖いので普段はOFFにしてください)

・ログインがエラーになり続けても新しいアカウントだけは作らないで!



LINE(ライン)公式サイトはこちら

今年は特に、iPhoneXとiPhone8が発売されたので、スマホを買い替える人が多いと思います。

その中で、iPhoneXとiPhone8の使い方についても少し紹介したいと思います。

iPhoneシリーズの中で、初めてホームボタンが廃止されたiPhoneX。

今年既に発売された、iPhone8・iPhone8 Plusとの、大きな違いの一つといえるでしょう。

今まで、ホームボタンで操作していた物が、廃止された事によってどのように操作が変わっていったのか…。

それがジャスチャー操作です。

ホームボタンで行っていた幾つかの操作というのが、こちらの新しい操作方法によって行われるという事なのです。

ですが、ただジェスチャー操作といわれても、よく解りませんよね。

そんな方の為に、ここでは、ジェスチャー操作について解説していきたいと思います。

現時点で分かっている操作方法の比較が以下の通りです。

●ホーム画面に戻る●
・iPhone8、iPhone8 Plusの場合:ホームボタン
・iPhoneXの場合:画面の下部から上部へスワイプ

●マルチタスキング●
・iPhone8、iPhone8 Plusの場合:ホームボタンを2回
・iPhoneXの場合:画面の下部から上部へスワイプして停止する

●通知センター●
・iPhone8、iPhone8 Plusの場合:画面上部から下部へとスワイプ
・iPhoneXの場合:画面左上から下部へとスワイプ

●コントロールセンター●
・iPhone8、iPhone8 Plusの場合:画面下部から上部へとスワイプ
・iPhoneXの場合:画面右上から下部へとスワイプ